明るい住まいはづくりは窓がきれいであることが条件

日中家が明るいのは部屋に窓があるからです。
窓が汚れていれば、家の中はどんよりしてしまいます。
窓も住まいの顔を考え、いつもきれいにしておきましょう。
常に家の中が明るくなり、気持ちよく暮らすことができます。
窓拭きの基本はタオルで拭くだけではありません。
新聞紙で磨くことも大切です。
新聞紙は吸水性が高く、水分と一緒に窓の汚れを吸着して取り除いてくれます。
新聞紙のインクは窓の表面につくことで薄い膜になり、汚れをつきにくくしてくれるのです。
一石二鳥以上の価値があると言えるでしょう。
しかし、きれいに拭いたつもりでも窓の四隅に汚れが残ってしまうことがよくあります。
あきらめてしまう人もいますが、落としにくい四隅の汚れには塩を使うことです。
かたく絞ったタオルに塩をつけてこすります。
力を入れなくても汚れが落ちるので疲れません。
掃除はきれいにすることが一番大切ではありますが、いかに疲れずに作業をするかも重要です。